相談する前のチェックポイント 相談する前のチェックポイント

ひきこもり・家庭内暴力 ご相談について

もう悩まないで、ぜひ当センターにご相談下さい。
元警部が運営する全国で唯一の自立支援センターです。国内最高水準の社会復帰率を維持しています。
ひきこもり・家庭内暴力・ニート等で自立しない息子、娘さんにお悩みの方、当センターは自立・就職など社会へ送り出すための専門機関です。
不安の毎日から安心の毎日へ、必ず幸せな未来をお約束いたします。

ひきこもりになりやすい傾向

  • 家族関係のトラウマ、過干渉などから自己肯定感を持てずに成長した。
  • 他者とつながることが苦手で、孤立、イジメ被害などにも遭いやすい性格である。
  • 社会不安障害(Social Anxiety Disorder)、あるいは全般性不安障害などの障害を抱えている。
  • 現代日本の資本主義社会に圧倒され、人生に絶望して身動きがとれない状態である。
  • 自分が目にしたくない現実、不快な人達、場所、集団を見ないですませるために部屋に閉じこもる。
  • 自分のやりたい事を漠然と思っているものの、行動に移せずただ考えている状態だけが続いている。
  • 虐待・性的暴力・ストーカーなどの被害の後遺症によるもの。
こんな傾向が見られたら

ひきこもりは精神病に悩まれている方がそのほとんどです。
ご自身やご家族で解決できる問題ではなく、ひきこもりから抜け出せないまま更なる精神障害に陥っていくという悪循環になり、
ご自身やご家族にも多大な精神的負荷を与えます。

精神障害とひきこもりの関連性

さまざまな要因によって社会的な参加の場面が狭まり、就労や就学などの自宅以外での生活の場が長期にわたって失われている状態の方が、日本全国では約200万人はいると言われています。
長期的なひきこもりは、次のような精神障害を引き起こす要因にもなっています。
これらの原因は、自己意識とは関係なく引き起こることが多いと考えられています。

  • 発達障害
  • 広汎性発達障害(PDD)
  • 神経発達障害
    (neurodevelopmental disorder)
  • 社会不安障害(SAD)
  • 全般性不安障害(GAD)
  • 注意欠陥・多動性障害(ADHD)
  • 注意欠陥障害(ADD)
  • 学習障害(LD)

ひきこもり支援・家庭内暴力に関するお問合せ・ご相談はお気軽に全国24時間無料相談受付アポイントは完全予約制

Call:0120-192-110  Call:048-851-0110

メールはこちら

電話窓口が大変混み合うためつながりにくいなどお客様にご迷惑をおかけすることがあります。
メールフォームでのお問い合わせもできますのでぜひご利用下さい。

寄せられた相談例

ひきこもり・家庭内暴力ご相談例

当センターへ寄せられたご相談事例を紹介しております。

詳細はこちら

運営会社・相談室のご案内運営会社・相談室のご案内

当センターの運営会社と相談室所在地をご案内しております。

詳細はこちら

お知らせ

当センターは、警察機関、文科省、厚労省等関係機関と緊密な連携を図り、国内最高水準の社会復帰率を誇っています。業界信頼度、自立就職実績ナンバーワン、問題解決まで完全サポート、まずはお気軽に無料相談からどうぞ。