家庭内暴力で悩んでいる全ての方へ

「家庭内暴力」というと、配偶者による暴力(いわゆるDV)を思い浮かべるかもしれませんが、子どもによる家庭内暴力に悩まれている方も多いです。身体的な暴力だけでなく、「金を出せ」という金銭的要求も深刻化しています。

実際、当支援センターにも、子どもの家庭内暴力に怯え、悩み、苦しむご両親・祖父母・ご兄弟からの相談が寄せられています。

そのほとんどにおいて、ご家族との間に大きな溝が生まれており、意思疎通すら困難になっている状態です。

ご家族だけで、抱え込まないでください

子どもによる家庭内暴力は、デリケートな問題ですから、第三者の介入を避けたい、相談しづらい、自分たちで解決したいというお気持ちはよく分かります。
しかし、ご家族の問題だけに、身内のみでの解決は難しいのが現状です。

実は、家族に暴力を振るうことに罪の意識を感じている子どもたちがほとんどです。
暴力という形でネガティブな感情を発散させている子どもたちは、その罪悪感の中で更に深い悩みに蝕まれていくのです。

自分でもどうしていいか分からず、また暴力に訴えてしまう。そんな負のループに落ちいる子どもたちの、何と多いことでしょう。

そんな時、ご家族だけで抱え込まず、私たちに相談してください。 当支援センターが間に入り、家族と当人にとってより良い環境を整えることで、お互いに冷静になることができます。現状を見つめ直し、将来に向けて明るい一歩を踏み出しましょう。

「相談できない」と思っている方も多い

とはいえ、多くの方が「家庭内暴力なんて恥ずかしくて、相談できない」
「第三者の登場により、状況が悪化するのが怖い」と感じていることも事実です。

しかし、家庭内暴力から抜け出し、お子さんに自立した生活を送ってほしいなら、
あえてプロの知識を借りるというのが近道です。
当支援センターでは、「なぜ、家庭内暴力が起こるのか」という点を大事にし、原因を明らかにすることで、
1人ひとりに応じた解決策をアドバイスいたします。

ご家族の明るい未来のために、勇気を出してまずは一度ご相談ください。

このようなお悩みをお持ちの方は、ご相談ください
  • 息子による暴力、破壊の毎日が怖い。
  • ひきこもりの息子が、暴力を振るう。
  • 子どもと意思疎通ができない。現状をなんとか変えたい。
  • 「金をよこせ」と毎日要求される。断ると暴力。
  • 暴言が酷い。ご近所も気になるので、大声で怒鳴るのをやめて欲しい。
  • 「お前のせいで、俺はこうなった」と言われる。何て答えたらいいの?
  • このままでは、子供の将来が不安。
  • 暴力をやめて、自立して欲しい。

ひきこもり支援・家庭内暴力に関するお問合せ・ご相談はお気軽に全国24時間無料相談受付アポイントは完全予約制

Call:0120-192-110  Call:048-851-0110

メールはこちら

電話窓口が大変混み合うためつながりにくいなどお客様にご迷惑をおかけすることがあります。
メールフォームでのお問い合わせもできますのでぜひご利用下さい。


子どもによる家庭内暴力の現状

警視庁生活安全局の資料によると、平成25年度の少年(20歳未満)による家庭内暴力の件数は約1,800件。平成16年は約1,200件でしたから、増加傾向にあるといえます。家庭内暴力に悩んでいるのは、あなただけではないのです。

また、30代~50代の子どもからの暴力に悩むご家族のご相談も非常に多いです。

なぜ、子どもが家庭内暴力を振るうのか

家庭内暴力の原因の多くが、”挫折経験”です。
就職や人間関係のトラブル、受験の失敗など、社会に出ていく上で挫折感を抱いた時、それを親のせいとして暴力に走ってしまう、というのがよくあるケースです。暴力を振るう際の常套句が、「こうなったのは、お前のせいだ!」。怒りを家族に発散させることで、不安をごまかしているのです。

また、挫折後、社会にでることを極端に恐れ、引きこもってしまうことも多いです。そして、ひきこもりになってしまった子どもは、ご家族に暴力を振るうケースがほとんどです。

家庭内暴力に関する相談事例

「お前たちが悪いから教えてやっている」と、家の中で暴れる息子に困っている
中学卒業前頃から家で暴れるようになった息子。家中の壁やドアは穴だらけになってしまいました。「お前たちが悪いから教えてやっているんだ」と言っては暴れるのですが、何と言っても受け入れません。いろいろなところに相談しているのですが、解決できず、疲れ切っています。娘は息子を嫌がって家を出てしまい、家族が崩壊しそうです。どこかに良い更生施設はないでしょうか?

家庭内暴力から抜け出すサポートをします

きぼうの家全国自立支援センターでは、家庭内暴力を振るう子どもたちを救うサポートをします。

家庭内暴力を振るう理由は、お子さんによって様々です。画一的な対処では、状況が悪化することも考えられます。

当自立支援センターは、その場限りの対処は行いません。
根本的な原因を把握することから始め、一人ひとりに合わせた解決策を提示することで、
ご家族みなさんが笑顔で過ごせるように、環境づくりをしっかりサポートいたします。

当支援センターでは、自立支援のプロフェッショナルがご家族に状況をお伺いし、その上で本人へのサポートを開始します。
面談をしながら打ち解けるまで会話し、本人も自覚していない原因を導き出します。

一人ひとりの性格、趣味・嗜好、考え方、年齢や環境を踏まえた上で、
個別のプログラムを提案し、家庭内暴力から抜け出し、自立するよう促します。

子どもは、いつか家庭から出て、社会で暮らさねばなりません。
社会の一員として、しっかり歩んでいけるように手助けが必要です。

まずは、お話を聞かせてください。勇気を出して、一歩を踏み出しましょう。

秘密は完全厳守。安心してご相談ください
家庭内暴力に関するご相談は、本人にとっても、ご家族にとっても、非常にデリケートなもの。
きぼうの家全国自立支援センターでは、相談内容は完全秘密厳守を徹底しています。安心してご相談ください。