不登校の子どもに悩む全ての方へ

学校に行けなくなってしまったお子さんの姿に、心を痛めているご家族は少なくありません。
SNSの普及により、友人関係も複雑化し、そのストレスから不登校になった子。
何となく面倒くさい…という気持ちの積み重ねで、さぼりぐせが付いてしまった子。
試験や受験の失敗により、劣等感から学校に行けなくなった子。
進学校の高度な授業内容についていけず、学校を避けるようになった子。
学校に行く意味が持てず、かといってやりたいことも見つからず、将来に不安を抱えている子。
いじめを受け、人と関わるのが怖くなってしまった子。
不登校に陥る原因は、お子さんによってさまざまです。
時には、学校から遠ざかることが、その子の心身の回復のために効果的な場合もあります。

しかし、不登校の状態が続くと、ひきこもり、ニート、家庭内暴力等さまざまな諸問題へ発展するリスクがあることも事実です。
学校から遠ざかる時間が長くなるほど、再び登校するのは難しくなるもの。
ですから、不登校の問題解決には、早急な対応が求められるのです。

当支援センターでは、不登校のお子さんの自立も支援しています。
「不登校の子どもがいるのが恥ずかしく、第三者に相談するなんてとんでもない!」「親である自分たちが解決すべき問題だ」と思われる方も多いかもしれません。しかし、閉ざされた心を開くのは、家族といえど、容易ではありません。当センターに相談され、一日も早く事態を好転に向かわせましょう。

まずは、お気持ちや悩みを聞かせてください。一緒に、明るい未来に向けて歩き出しましょう。

このようなお悩みをお持ちの方は、ご相談ください
  • 子どもが学校に行かなくなってしまった理由が分からない。
  • 自分の部屋から全く出てこなくなってしまった。
  • ゲーム・スマホに夢中。
  • 昼夜逆転の生活が続いている。
  • 子どもが常にイライラしていて、物や親に当たり散らす。
  • 学校でいじめにあっているようで心配。
  • 友達関係が上手く行かず、対人恐怖症になっているようだ。
  • このままでは子どもの将来が不安。
  • なんとか学校に行けるようになって欲しい。

不登校の現状

文部科学省の調査によると、小学校では50.5%、中学校では85.4%、高校の79.4 %に不登校の生徒が在籍しています。数にすると、小学校27,581人(237人に1人)、中学校98,428人(35人に1人)、高校49,591人(67人に1人)。このように、不登校は非常に身近な問題です。

不登校児童生徒数の推移のグラフ
不登校生徒数の推移

(出典:平成27年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果

不登校になったきっかけを見てみると、不安などの情緒的混乱、無気力、友人関係の状況が大きく影響していることが分かります。

不登校になったきっかけと考えられる状況(平成25年度)

(出典:内閣府平成27年版 子ども・若者白書

理由なく不登校になる子どもはおらず、みんな何らかの悩みを抱えているのです。

不登校に悩むご家族からの相談事例

将来が不安。親に迷惑をかけたくないけど、怖くて何もできない
今、19歳です。中2から不登校がちになり、高校は何日か行って辞めてしまいました。将来が不安でなりません。親に迷惑をかけたくないので、仕事がしたいと思っていますが、怖くて何もできません。こんな自分でも、将来やっていけるのでしょうか。

病院でもない。カウンセリングでもない。
第3の立場から、不登校のお子さまの自立をサポートします。

きぼうの家全国自立支援センターでは、不登校の子どもたちが、再び社会へと踏み出すためのお手伝いをいたします。
学校に行けなくなってしまった背景はさまざまです。
本当の原因を正しく把握し、問題の核を取り除くことが、社会復帰への第一歩です。
無理に登校を強制するだけでは、心に大きな傷を残し、取り返しのつかないことになるかもしれません。
当自立支援センターでは、その場限りの対処は行いません。自立支援のプロフェッショナルが根本的な原因を把握し、一人ひとりに合わせた解決策を提示することで、ご家族のみなさんが笑顔で過ごせるように、環境づくりをしっかりサポートいたします。
私たちは、病院でもカウンセリングでもありません。
だからこそ、あなたの悩みに親身に寄り添い、本質的な解決を目指して共に歩んでいけるのです。

まずは、お話を聞かせてください。
子どもは、いつか家庭から出て、社会で暮らさねばなりません。
社会の一員として、しっかり歩んでいけるようにしていきましょう。
私たちは、本気でお子さまの社会復帰を支援します。

秘密は完全厳守。安心してご相談ください
不登校に関するご相談は、本人にとっても、ご家族にとっても、非常にデリケートなもの。
きぼうの家全国自立支援センターでは、相談内容は完全秘密厳守を徹底しています。安心してご相談ください。